HOME > イベント・セミナー > 先進事例に見る新たなビジネス機会を創出するモバイル活用 ~ 実践的なモバイル活用、その課題と現実解 ~
本セミナーは締め切りました

先進事例に見る新たなビジネス機会を創出するモバイル活用 ~ 実践的なモバイル活用、その課題と現実解 ~


先進事例に見る新たなビジネス機会を創出するモバイル活用
~ 実践的なモバイル活用、その課題と現実解 ~

モバイルアプリケーションの業務ニーズは、電子メール/スケジュール管理、CRMなどの情報系システムとしての活用から、販売管理/在庫管理などのSAPをはじめとしたERP、メインフレームなどの基幹システムとしての活用にまで拡大しています。 しかし一方で、モバイルアプリケーションを開発するためには、マルチデバイス対応や基幹システム等との連携が必要となり、膨大な時間とコストがかかってしまう課題も浮き彫りになってきています。

本セミナーでは、新たなビジネス機会を創出するモバイル活用方法、モバイルファーストを実現するクロスプラットフォーム及び、モバイル端末と基幹システムを簡単に連携できるソリューション「モバイル連携ソリューション for ERP/メインフレーム」をご紹介します。

企業

このような方を対象としています

  • 他社のモバイル適用事例を見てみたい
  • 既存CRMのモバイル展開を検討したい
  • SAPなどパッケージを利用されており、ワークフローなど一部機能をモバイル対応したい
  • モバイルアプリの取り組みを既に実施している。または、検討されている
セミナー概要
日時 2014年3月14日(金)
定員 先着 50名  締め切りました
会場
東京会場:
SCSK株式会社 豊洲フロント
セミナー会場の地図
参加費 無料 (事前登録制)
主催 株式会社JIEC
共催 SCSK株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社
セミナー当日の連絡先 SCSK株式会社 Tel:03-5166-1715
プログラム
時間 セッション
14:30 受付開始
15:00

15:30

企業システムとモバイル/SNSをスマートに連携した新たなビジネス機会の創出

従来からの基幹システムの堅牢性、保全性を維持しつつ、モバイルやSNSなど爆発的な進化を続ける新しいテクノロジーへタイムリーに接続して新たなビジネス機会を創出するために、Connectivityと呼ばれる製品・技術群が注目されています。
本セッションではIBM WebSphereのConnectivity製品群の最新動向とビジネスへの展開についてご紹介します。

日本アイ・ビー・エム株式会社 WebSphere事業部 テクニカル・セールス 鈴木 徹
15:30

16:10

モバイルファーストを成功させる3つのポイントとは?
~ クロスプラットフォーム開発ツール”Caede”のご紹介 ~

システム企画・開発の優先順位が大きく変わろうとしています。
業務の変革を目指してPC向けの開発ではなくモバイル向けを主流に据えてアプリケーションの開発に取り組む「モバイルファースト」な企業が増えています。
しかしながら、モバイルによる開発や活用の定着化には様々な課題があります。
本セッションでは「モバイルファースト」を成功するためのポイントと解決策をSCSKのモバイル開発環境Caedeとともにご説明いたします。

SCSK株式会社 産業システム事業部門 流通システム事業本部 Curlソリューション部
16:10

16:50

基幹業務でのモバイル活用を支援
~ モバイル連携ソリューション for ERP/メインフレーム」のご紹介 ~

モバイル端末の利用用途は、ドキュメントやカタログの閲覧/電子メールなどのコミュニケーションツールから、顧客管理や営業支援、販売管理そして在庫管理などの基幹業務での活用へと急速に広がり始めています。
本セッションでは、基幹業務でモバイル端末を利活用するためのソリューション「モバイル連携ソリューション for ERP/メインフレーム」をご紹介してまいります。

株式会社JIEC 基盤エンジニアリング事業部 営業部
16:50

17:00
質疑応答、アンケート

※ IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。
※ SAP、SAP ERPは、ドイツおよびその他の国々におけるSAP AGの商標または登録商標です。
※ iPhone、iPad は、Apple Inc.の商標です。
※ Android はGoogle Inc.の商標または登録商標です。
※ Microsoft, WindowsおよびWindows RT は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名、サービス名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。