HOME > イベント・セミナー > Android、iOSアプリの開発から実機確認までが超高速に一気通貫!
本セミナーは締め切りました

Android、iOSアプリの開発から実機確認までが超高速に一気通貫!ノンコーディングを追求した「次期新開発環境」もご紹介

ネイティブアプリ開発

Caedeによるクロスプラットフォームアプリ開発

iPhone、iPad 、Androidを代表とする業務革新を実現するスマートデバイス。
しかしながらPCの業務システムとは違い、スマートフォンやタブレットを利用したアプリケーションの開発やテスト側面で次のような問題が起こっています。

・iPhoneとAndroidでは開発方法が違い、それぞれのスキルを持った要員を確保できない。開発コストが増加している。
・iPhone、iPad向けアプリを作りたいがWindowsで開発したい。
・開発したアプリを実機確認するのにPCやMacとケーブルで接続しなければならないので手間がかかる。
・スマートフォン、タブレットはそれぞれ画面サイズが違うので、同じOSでも別々に開発しなくてはならないのでPCより大変だ!
・HTML5で開発しているがブラウザ毎に動作が変わり対応が大変だ。
など

当セミナーではこのような問題に対してモバイルアプリケーション開発基盤「Caede」の新バージョンを使用して概要説明からライブ開発、実機端末への一発デプロイメントのデモをご紹介いたします。
また現在開発中の新次世代開発環境「C7(コードネーム)」もご紹介します。
ノンコーディングを追求しExcelような高度なカスタムコンポーネントを用意しており、Curlで開発してみたいが言語を覚えるのが大変、ExcelのようなUIのアプリケーションを簡単に開発したいと思っている開発者様、ユーザー企業様の情報システム部門の方、必見のセミナーです!

セミナー概要
日時 2015年6月2日(火)
定員 先着 50名
会場
東京会場:
SCSK株式会社 豊洲オフィス
セミナー会場の地図
参加費 無料 (事前登録制)
セミナー当日の連絡先 SCSK株式会社 Tel:03-5166-1715
プログラム
時間 セッション
14:30 受付開始
15:00

Caedeの概要とライブ開発から一発デプロイデモ

・Caedeの概要
・Caedeコンセプト
・Caede機能
・Caedeによるライブ開発からAndroid,iPhone,iPadへ一発デプロイ

16:00 休憩
16:10

新次世代統合開発環境「C7(コードネーム)」の概要とデモストレーション

・「C7(コードネーム)」の開発コンセプト
・C7の開発手法
・C7の高度なカスタムコンポーネント
・C7(ベータ版)による開発デモストレーション
・C7の今後のロードマップ

17:10 質疑応答
17:30 終了予定
※ iPhone、iPad は、Apple Inc.の商標です。
※ Android はGoogle Inc.の商標または登録商標です。
※ Microsoft, Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名、サービス名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。